蓄電池・住宅用太陽光発電・産業用太陽光発電ならヤマキシへ!石川県・福井県 北陸の蓄電池・太陽光発電・ソーラー発電・産業用太陽光発電ならヤマキシにお任せ下さい
  1. ホーム
  2. 太陽光発電
  3. 家庭用製品
  4. 東芝(TOSHIBA) 太陽光発電システム

東芝(TOSHIBA) 太陽光発電システム

特長
TOSHIBAの太陽光発電システムは、反射による損失を抑えるため、ガラス表面に、ARコート(反射低減コート)を採用。しっかりと太陽の光を取り込む事で、発電効率を増大させています。
セット価格

東芝(TOSHIBA) 太陽光発電システム 280W × 20枚 積雪仕様 石川県・福井県では積雪仕様が必須です

1kWあたり
238,000 円(税別)
工事費・諸経費込み
合計
1,332,800 円(税別)
工事費・諸経費込み
パネル仕様
パネル
単結晶
公称最大出力
280 W
モジュール変換効率
17.1 %
サイズ・質量
19kg
セット内容
モジュール + パワコン + 架台

価格は設置するシステムの容量、設置する屋根面の数、屋根材の種類、お客様宅の 電気設備によって変わります。
正確なお見積り金額提出には、現地調査をご依頼下さい。もちろん現地調査は無料です。

Point1 280Wの高出力な単結晶セル

4本バスバー電極※1の採用により、電極間の送電距離を短くすることで、電気抵抗を抑えて高出力を可能にしました。

4本バスバー電極の図

Point2 反射による光の損失を抑える「ARコート※6」を採用

反射による光の損失を抑えるため、ガラス表面にARコート※6(反射低減コート)を採用。
しっかりと太陽の光を取り込むことで、発電効率を増大させています。

※ 1 太陽電池セルで発生した電気を集める電極のことです。
※ 2 モジュールの変換効率は(モジュール公称最大出力[W]×100)/(モジュール面積[平方メートル]×1000[W/平方メートル])の計算式から算出しています。
※ 3 公称最大出力であり、JIS C 8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/m2、モジュール温度25℃での値です。
※ 4 長期保証にはお申込みが必要です。(販売店にお問い合わせください)〈GXシリーズ〉TGX-280PM-WHT-Jのシステムが対象です。
※ 5 システム契約時に有償にてパワフル保証にご加入いただくことで、機器保証を15年にすることができます。
※ 6 Anti-Reflective Coated:ARコートはガラス表面の屈折率を下げ、反射損失を抑えます。

● 太陽電池モジュール毎の色味が異なる場合があります。
● 画像はイメージです。