太陽光発電メーカー別比較

太陽光パネルは太陽電池をつなげたもの

近頃、道路を走っていると、太陽光のパネルをよく見かけるようになりましたね。

その太陽光パネルってどれも同じに見えませんか?


1枚の太陽光パネルは、たくさんの太陽電池(セル)をつなげたもので出来ています。

その太陽光パネルは、「モジュール」と言われますが、これを何枚も繋げた物が、私たちがよく目にする、あの大きな太陽光パネルになるんです。。

世界最高レベルの発電効率「HIT太陽電池」

実は、パネルにも種類があって、そのパネルの形によって「発電効率」が違うんです。

曇りの日でも、雨の日でも効率よく発電できるよう色んな工夫がされています。

太陽の光のエネルギーを電気エネルギーに変換する太陽光パネル。

大きさや仕様によって発電量が違いますが、いかに効率よく発電するか、が「発電効率」なんです。

ただ、発電効率だけでは、発電量は決まりません。

単純に、発電効率だけで言えば、セルの裏面も使って発電する東芝がNO.1.

実は、同じkW・同じ発電効率でも、損失が少ないパネルが実際の発電量は多いんです。


北陸は曇りが多く、発電できるのか心配される声をよく耳にします。

という事は、曇りの損失が少ないパネルが北陸の方にはおススメなんです。


曇りに強いパネルとは

曇りに強いパネルはアモルファスとシリコンのハイブリッドパネルであるパナソニックのHIT太陽電池、長州産業のプレミアムブルー、シリコンではなく、化合物系といわれる材料を使っているソーラーフロンティアのCIS太陽電池が有名です。

その3社のパネルは熱による損失も少ないんです。


ただ、ソーラーフロンティアは発電効率が低すぎるので、同じ屋根の面積だとkWが小さくなってしまうというのが弱点で、長州産業のプレミアムブルーは熱に強いが、パナソニックのHIT太陽電池には劣るというのが表を見てわかると思います。

一般的にはこの3社だとパナソニックのHIT太陽電池が価格が高いのですが、ヤマキシでは大量在庫しているので、他の2社と比較しても価格は変わらないんですよ。

これは、価格がそれほど高くなくて、実際の発電量が多いという事で、一番よく売れています。


太陽光発電システムをお考えの方は、ぜひパナソニックのHITをご検討してみてはいかがでしょうか。

前へ ≫